ユーザ用ツール

サイト用ツール


14. ヘルプが必要な場合

エレコム株式会社は、日本市場向けのLaCie製品を販売しています。本製品のテクニカルサポートおよび保証期間内の無償修理は、エレコムグループが対応いたします。

14-1 テクニカルサポートへお問い合わせになる前に

  1. このマニュアルをよくお読みになり、「トラブルシューティング」を再度ご確認ください。
  2. 問題点を明確にしてください。可能であればCPU上の外付けデバイスを本製品だけにして、全てのケーブルが正しくしっかりと 取り付けられていることを確認してください。

「トラブルシューティング」のチェックリストに全て目を通し、問題が該当しないかを確認願います。それでも本ドライブが正 常に動作しない場合は、下記のURLより窓口をご確認ください。

ラシー テクニカルサポートセンター www.lacie.jp/support/index.html

情報 確認箇所
1. LaCie ハード ディスクのシリアル番号 デバイス背面のシール、または納品時の梱包箱にあります。
2. Macintosh/PC の機種 Mac をご使用の方:メニューバーの Apple アイコンをクリックし、[この Mac について] を選択します。
Windows をご使用の方:[マイ コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] > [全般] を選択します。
3. オペレーティング システムのバージョン番号
4. プロセッサの速度
5. コンピュータ メモリ
6. コンピュータにインストールされている内蔵および 外付け周辺機器のメーカー名とモデル名 Mac をご使用の方:Finderメニューバーのアップル アイコンをクリックし、[この Mac について] を選択します。[詳しい情報…] を選択します。Apple システムプロファイラが起動され、内蔵および外付け周辺機器がリストアップされます。
Windows をご使用の方: [マイ コンピュータ] を右クリックし、 [プロパティ] > [ハードウェア]
 

14-2 ソフトウェア アップデート

LaCie は、製品の機能を改良するため、頻繁にファームウェアのアップデートをリリースしています。 製品の最適なパフォーマンスを確保するため、ファームウェアや LaCie Network Assistant のアップデートについて、定期的に確認してください。 詳細については、12. 製品のオペレーティング システムのアップデート を参照してください。

 

14-3 トラブルシューティングのトピック

注記:製品の問題解決にもっとも便利なインタラクティブ トラブルシューティングを www.lacie.com/jp/support/でご利用いただけます。 製品を選択した後、「トラブルシューティング」のタブをクリックしてください。

14-3-1 ネットワーク接続のトラブルシューティング

共有がネットワークで表示されません。

Q: お使いのコンピュータは、最小システム要件を満たしていますか。

Q: NAS の電源装置が接続され、正面の青色のライトがオンになっていますか。

Q: デバイス正面の青色のライトが以上に長時間にわたり断続的に点滅していますか。

Q: 正しい手順でインストールを行いましたか。

Q: Ethernet ケーブルの両端がしっかりと取り付けられていますか。

Q: IP アドレスに問題がありますか。

Q: ネットワークでは、固定 IP アドレスをデバイスに割り当てることが必要ですか。


ユーザーに LaCie NAS Dashboard または共有へのアクセス権がありません。

Q: 管理者は、そのユーザー用のアカウントを作成しましたか。


自分のアカウントにアクセスできません。 ログインとパスワードを入力すると、エラー メッセージが出ます。

Q: パスワードは正しく入力されていますか。


共有へのアクセスに遅延が見られます。

Q: 同時に複数のファイルを転送しようとしていますか。または、ダウンロード機能を使用していますか、または RAID アレイの再構築を行っていますか。


UPnP AV メディア プレイヤーまたはアダプタで LaCie NAS に保存されたメディア ファイルを表示できません。

Q: メディア ファイルはパブリック共有に保存されていますか? マルチメディア サービスが有効になっていますか。


14-3-2 拡張デバイスの接続のトラブルシューティング

NAS の拡張ポートに接続したハード ドライブ、キー、または USB プリンタが認識されません。

Q: NAS は、USB タイプ B (d2/2big のみ) を介してコンピュータに接続されていますか?


USB 拡張ポート (タイプ A) に USB ドライブを接続しましたが、ドライブがマウントせず、LNA リストに表示されていません。

Q: ドライブのファイル システムは LaCie 製品によってサポートされていますか?

Q: ドライブは MS-DOS (FAT32) でフォーマットされており、容量は 2TB より大きいですか。


接続された外付けハードドライブのファイルを、LaCie NAS 上の共有にコピーできません。

Q: ドライブは MS-DOS (FAT32) でフォーマットされており、ファイルサイズは 2GB より大きいですか?


 

14-3-3 USB 接続のトラブルシューティング (d2/2big のみ)

USB 経由で NAS をコンピュータに接続しましたが、コンピュータで NAS が識別されません。

Q: ドライブのアイコンがデスクトップに表示されていますか。

Q: お使いのコンピュータは、このドライブを使用するためのシステム最小要件を満たしていますか。

Q: ドライブに電源装置が接続されていますか。

Q: USB 接続で正しいインストール方法に従いましたか。

Q: USB ケーブルの両端がしっかりと取り付けられていますか。

Q: その他のデバイス ドライバまたは機能拡張とコンフリクト (競合) していませんか。

ドライブにファイルをコピーしようとすると、エラー メッセージが出ます。

Q: USB に接続しているときに、ドライブへのコピー中に "Error –50" というメッセージが表示されましたか。


4 GB を超えたサイズのファイルをドライブにコピーできません。

Q: USB を介してコンピュータに接続していますか。


製品の容量が、パッケージ記載の容量と異なっています。

Q:


ドライブで「カチッ」という音がします。

Q: それはソフトな音ですか、それともハードな音ですか。


14-3-4 アクティブディレクトリ接続のトラブルシューティング

ネットワークやドメインの構成はたくさんあるため、これらのトラブルシューティングのヒントは一般的なものです。 しかし、次の点をチェックすると問題を解決できる場合があります。

製品 / LAN 側

  1. 最新の製品オペレーティング システムをインストールしたことを確認します。 http://www.lacie.jp/download/index.html#nas を確認してください。
  2. 負荷の高いプロセスが実行されていないことを確認します。これは必須ではありませんが、有益な場合があります。たとえば、次のようなプロセスについて確認します。
    1. RAID 構築が実行されていないこと (RAID の構築が完了するまで待ちます)。
    2. 複数のダウンロードが実行されていないこと (ダウンロードを停止するか、ダウンロードが終了するまで待ちます)。
    3. マルチメディア データベースが実行されていないこと (マルチメディアを無効にします)。
    4. バックアップが実行されていないこと (バックアップを停止するか、バックアップが終了するまで待ちます)。
  3. すべてのユーザーが製品から切断されていることを確認します (必須ではありませんが、問題解決に役立つ場合があります)。同時に大量のデータ転送が行われないことを確認します。
  4. 製品に正しい日付、時刻と時間帯が割り当てられていることを確認します。 ドメインと製品の間に 5 分を超えた時間差がある場合、Active Directory (AD) 接続が阻害されたり、問題が出たりすることがあるためです。 この許容差は、Domain Controller Policy (ドメイン コントローラ ポリシー) で指定されています。このデフォルト値は、通常 5 分です。

    製品の時刻は、[管理画面(Dashboard)] - [一般設定] ウィジェットの NTP Server (NTP サーバー) 機能で最も正確に設定できます。 また、このページから手動で設定することも可能です。
  5. 製品に提供される DNS サーバー アドレスがドメイン DNS であり、インターネット DNS (インターネット サービス プロバイダが提供する場合があります) ではないことを確認します。

    製品は、インターネットのサーバーではなくローカル ネットワーク ドメインに接続することが必要です。

    ドメイン参加は、DNS 解析に基づいているため、製品に正しく接続可能な DNS サーバー IP アドレスがローカル ネットワーク構成で割り当てられていることが重要です。 LaCie 製品と同じネットワークにある他のコンピュータの DNS IP を確認します。 このコンピュータから、DNS サーバーにピングしてみてください。
  6. Dashboard: [Domain Configuration (ドメイン設定)] ウィンドウの設定:
    1. ドメインの Full Qualified Domain Name (FQDN) を入力します。 たとえば:
      directory-example.domain.com (Primary Domain Controller (プライマリ ドメイン コントローラ) の Active Directory User および Computer Tool (コンピュータ ツール) )
    2. 管理者ログイン: AD の管理者ユーザー名を使用します。
    3. 管理者パスワード: 大文字と小文字が区別されます。
  7. 参加に役立てるために、Optional Advanced Criteria (オプションのアドバンスト条件) を入力できます。
    1. Server Name (サーバー名) は、Domain Controller Host Name (ドメイン コントローラ ホスト名) です。
    2. Server IP (サーバー IP) は Domain Controller IP (ドメイン コントローラ IP) です

上記の点および AD の設定についての次のセクションをすべて確認し、正しいドメインに参加できることを確認します。 設定が間違っていると、接続が成功しない場合があります。

 

Active Directory / ドメイン サイド

Active Directory / ドメイン サイドでは、設定がユーザーによって異なるため、Active Directory 管理者が次の点を確認してください。

  1. 本製品を接続できるように、Kerberos Server & Time Server がドメイン DNS で登録されているかどうかを確認するよう、AD 管理者に依頼してください。 Kerberos Server & Time Server は参加プロセスに関与しているため、本製品がアクセスできるようになっていることが必要です。
  2. AD でマシン名オブジェクトを確認してください。 正しいコンテナ (デフォルトの「コンピュータ」コンテナとは異なります) にあることを確認し、マシン名のアクセス権限 (誰がログオンできるかなど) を確認します。 また、AD のオブジェクトをリセットするために、マシン名を削除することが必要な場合もあります。

    本製品をドメインに参加させる前に、ドメイン管理者が AD の正しいコンテナでコンピュータ アカウントを作成することが必要な場合があります。
  3. サブドメインがセットアップされている場合は、ドメインの参加に問題が出ることがあります。 ドメイン参加を正しいドメイン/サブドメイン名で行ったかどうかを確認することが必要です。 (この場合も、AD でマシン名オブジェクトの場所/権利を確認してください。) ユーザーが、製品へのアクセス権のない異なったサブドメインに属していますか。

注記: 適切に設定された AD に LaCie 製品が接続できない場合は、分析するために LaCie テクニカル サポートに7-14[管理画面(Dashboard)] - [サポート] ページから入手できるドメイン ネットワーク設定ログを提供してください。

© LaCie 2020 最終更新 : Mar 01, 2013